• 福岡市中央区天神の耳鼻咽喉科・形成外科「くまもとクリニック」
    休診日のお知らせ news

    休診日のお知らせ

    ・6/14.21.28(水)学校健診のため12:00受付終了です。
    ・8/18(金)より院長の手術日が(火)午後と(金)午前に変更となります。
     臨時休診日等の詳細は「お知らせ」をクリックしてご覧ください。

    予約状況 reservation

    予約状況

     予約の混雑状況等が確認できます。
     「予約状況」をクリックしてご覧ください。

     ※ 初診の患者様は、予約なしで直接ご来院ください。


     TV出演 副院長「熊本真優子」医師がテレビに出演いたしました。
    %e7%9c%9f%e5%84%aa%e5%ad%90%e5%8c%bb%e5%b8%ab テレビ西日本(TNC)「はぐはぐ」〜 「赤ちゃんのアレルギー性鼻炎」〜
     
    放送日:2017年02月19日放送(8:25〜8:30)
     
    その他出演情報は「メディア掲載」


    診療日・診療時間のご案内

    診療日 診療時間
    (日・祝日は休診) 10:00~14:00
    (受付は13:30迄)
    15:30~19:00
    (受付は18:30迄)
    月曜日
    火曜日 〇 ※
    水曜日 休診
    木曜日
    金曜日 〇 ※
    土曜日 休診
    ※ 院長は手術日

    8/18(金)より、院長の手術日が次のとおり変更となります。
    ・火曜日の午後
    ・金曜日の午前

    臨時休診日その他の詳細は「お知らせ」でご確認下さい。


    くまもとクリニックについて

     福岡市中央区天神の「福岡ビル」7階というアクセスの良さ、そして大病院で耳鼻咽喉科部長、形成外科部長を歴任してきた2人の臨床経験豊富な専門医の診療で信頼を集める「くまもとクリニック」です。

     くまもとクリニックは、男性の院長と女医の副院長が診療を行っています。

    ♦ 「花粉症」の診療がおすすめ

     「花粉症」で悩んでいるなら、出かけてみませんか。初期治療で症状軽減、乳幼児も診療可能です。

     毎年つらい症状に悩まされている人は、症状が出てからではなく、初期療法としてシーズンの1~2週間ほど前から自分にあった薬を飲むと、症状を軽減させることができます。

     妊婦さんなど薬物療法を避けたい、毎日薬を飲むのは面倒という場合は、鼻の粘膜にレーザーを照射して症状を軽減させる「レーザー治療」も可能です。

     保険診療で行えて、1時間程度で日帰りできます。

     他に、減感作療法も実施しています。

     症状だけでなくライフスタイルに合わせて、最適な治療を提案いたします。

     また、最近では乳幼児のアレルギーも問題になっていますが、女性副院長は、全国的にも少ない小児の耳鼻咽喉科で経験を積んだドクターです。

     新生児から診療してもらえるので、ママたちの心強いかかりつけ医になるはすです。

    ♦ 当院の「形成外科」もおすすめ

     耳鼻咽喉科と同じく評判が高いのが、約30年間形成外科疾患を治療してきた、男性の院長が担当する形成外科です。

     加齢や生まれつきの眼瞼下垂は、保険診療対象になります。ますは気軽に相談を!

     

    「みみ」「はな」「のど」のお悩みの方におすすめ

    くまもとクリニックは「みみ」「はな」「のど」のお悩みの方におすすめのクリニックです。

    「耳鼻咽喉科」とは

     「耳鼻咽喉科」とは、その名前のとおり「みみ」「はな」「のど」の病気を治療する科です。「のど」とは口の中だけでなく、顔やくび(頚部)も含まれます。

    ♦ 「みみ」の病気

     「みみ」の病気で代表的なものとして、「中耳炎」と「難聴」があげられます。

     「みみ」の病気で最も多いのが・・・続きを読む (「耳」の病気について )

    ♦ 「はな」の病気

     「はな」の病気で代表的なものとして、「副鼻腔炎」と「アレルギー性鼻炎」があげられます。

     「はな」で多いのは・・・続きを読む (「鼻」の病気について )

    ♦ 「のど」の病気

     「のど」で多い病気は「口蓋扁桃肥大」と「アデノイド増殖症」です。

     これらはいびきや睡眠時無呼吸症の原因となる病気で・・・続きを読む (「喉」の病気について )
     
     耳鼻咽喉科・形成外科は名医のいる診療機関で受診されることをおすすめいたします。名医の情報も提供予定です。
     

    2017年「福岡」春の花粉飛散予測

     2017年2月の上旬には福岡では、花粉症のシーズンとなります。

     花粉症シーズンが始まる前に対策を始めましょう!

    2017年1月から花粉症対策!

     スギ花粉は飛散開始と認められる前から、わずかな量が飛びはじめます。2月上旬に飛散開始が予測される福岡では、早めに花粉対策を始めた方がよいでしょう。

    3月は福岡でスギ花粉の飛散ピーク!

     スギ・ヒノキ花粉の飛散数がピークになる時期は、花粉シーズン中の気温や予想される総飛散数と関係があると考えられます。

     2月の気温はほぼ平年並み、3月の気温は平年並みかやや高い予想ですが、ピーク時期を早めるほどではないでしょう。このため、スギ・ヒノキ花粉それぞれのピーク時期は例年並みの見込みです。

    福岡のスギ花粉のピーク予測!

     福岡のスギ花粉症は2月下旬から3月上旬がピークとなるでしょう。

     スギ花粉のピークが終わった後は、ヒノキ花粉がピークを迎えます。

    2017年の花粉飛散数は福岡で非常に多い!

     花粉飛散数は前年の夏の気象に影響し、前年の夏の「気温が高く」「日照時間が多く」「降水量が少ない」と、スギやヒノキの花芽が多く形成されるため、翌年春の花粉飛散数が多くなります。

     2016年の夏は、全国的に気温が高く、日照時間が福岡をはじめとした九州全域で非常に多くなりました。

     福岡では高温・多照などの花芽が多く形成される気象条件がそろったため、多くの地域で花粉の飛散数は例年を上回り、前シーズンよりも非常に多い予想です。

    福岡の2017年花粉対策はお早めに!

     スギ花粉のピーク時は、ちょうど年度末の忙しい時期です。忙しさのあまり、睡眠不足だったり、偏った食事になったりしまいがちですが、そういった不規則な生活とストレスが花粉症状をより重くしてしまいます。

     花粉シーズン前の今から、食生活を見直し、規則正しい生活をカラダに習慣付けて、2017年の春は穏やかに過ごしましょう。

    -『日本気象協会』HP抜粋・参考

    新着情報

    喉

    「喉(のど)の病気」について

    「のど」の病気 「のど」で多い病気は「口蓋扁桃肥大」と「アデノイド増殖症」です。 これらはいびきや睡眠時無呼吸症の原因となる病気で、他に「いつもロを開けている」「食が細い」「食べるのが遅く体の発育が悪 …

    続きを読む
    鼻

    「鼻(はな)の病気」について

    「はな」の病気 「はな」の病気で代表的なものとして、「副鼻腔炎」と「アレルギー性鼻炎」があげられます。   副鼻腔炎 「はな」で多いのは副鼻腔爽です。いわゆる、ちくのう症です。   …

    続きを読む
    耳

    「耳(みみ)の病気」について

    「耳(みみ)」の病気 「みみ」の病気で代表的なものとして、「中耳炎」と「難聴」があげられます。   中耳炎 「みみ」で最も多い病気は「中耳炎」です。 主な中耳炎には、次のものがあります。 ● …

    続きを読む

    「はぐはぐ」出演情報2014/10/18

    2014年10月18日 /
    TV出演, , ,

    はぐはぐ出演(10月18日放送)|テレビ西日本 「2歳までは中耳炎になりやすい!?」 10月18日にテレビ西日本で放送された内容です。 「はぐはぐ」は、日々子育てをがんばる家族を応援する「子育て家族」 …

    続きを読む

    「はぐはぐ」出演情報2014/9/20

    2014年9月20日 /
    TV出演, , ,

    はぐはぐ出演(2014年9月20日放送)|テレビ西日本 「耳そうじは2週間に1回で十分!?」 9月20日にテレビ西日本で放送された内容です。 「はぐはぐ」は、日々子育てをがんばる家族を応援する「子育て …

    続きを読む